9.11 N.Y

2006.9.11 N.Yへ

テロから五年が経つ

あの時より始まっている旅は今またテロの現場へと辿り着いた

アメリカを往復してロウソクを灯し廻った年

報復攻撃をしてしまったアフガニスタンに謝罪しにいった年

世界はより複雑になりテロが成功し続けて

思うように旅が続かなかったが新たな発見があったカンボジア

img_065

徐々によくない方向に向かう日本

終戦記念日に向かった中国

多くの出逢いがありその度に教えがあり

ここまでの急激な変化によって全てのものとの関わり合い方も変わり

自身の良い面も悪い面もたくさん認識出来た五年間であった

9/11のテロ現場は随分と経ったものの

さほど変わらず相変わらず大きな穴があいていた

何の下調べもアポイントもなくいきなりきてしまったので

とりあえず現場に行ってみた

img_067

9/10は多くの見物客と右翼と左翼の言葉での戦い

それを取り囲む報道陣そして多くの警察官

日本山妙法寺のじゅんさん達と会う事が出来

遺族の方達とともに祈るみなさんを終わりまで見守る

厳戒態勢だったので夜灯す事は難しいと思われたが

一箇所だけ静かで風も照明も少ない場所を見つけ灯し始める

穏やかな時間が流れ五年前とは違うものを感じる

img_066

遺族の方達も参加してくれたり

偶然にもNYにきていた友人達も沢山かけつけてくれた

今までにはない悲しみの心ではなく

多くのひとの繋がりを感謝し

共に今生きている事を喜べる時間となれた

日が昇るまで灯しセレモニーの始まる前に空港へと向かった

天気予報の雨も降らず毎日が最高の天気で

特に9/11の朝日は今年一番のものであった

未だに争いは続くが

そうではない人との関わり合いの時間をより多く創りだし

いつかまたここにきて

犠牲者の皆さんに感謝出来るようにしたい

img_068

寒かった9/10の夜共に過ごしてくれた友人達に感謝したい

一番お世話になった山澤家族

急な日程にも関わらず同行してくれた薫君

本当にありがとう

09/13/2006

JUNE

2003

2004

2005

2006

2007

REPORT