チベットで沢山の悲しみが生まれている今

tibet

チベットで沢山の悲しみが生まれている今

長野に行こうと思う

ここ最近はニュースにもならないが

未だにチベットではひどい事が起きている

どの情報を信じるかによって見方は様々かもしれないが

これは

この世界の大きな、最後の戦いだと思っている

戦いというと悲しいイメージとなるかもしれないが

大きな選択

最後の選択の時なのだと思う

チベットでは確実にチベット人迫害が進んでいる

それはあらゆる方法でおこなわれている

とにかくチベット人を殺さないでほしい

コトバを奪ったり文化や宗教を奪うのではなく

尊重してほしい

もちろんこういったやり方は今まで多くの国が

特に先進国と言われる国はおこなってきた事かもしれない

ただその歴史を学んだ現在

それによって多くのものを失い

未だに争いのもととなっている事をしっているならば

停めるべきだと思う

この問題に関心がない人も

反対している人も

中国人もチベット人も

全ての人はおかあさんから生まれてくる

問題を難しくしてとらえるのではなく

全ての人は母から生まれ

その母のことを想い行動するべきだと思う

息子が誰かを虐待する姿を母は喜ぶか?

子供が無実の罪で牢獄に入れられたら悲しいはずだ

またそれを知りながら見て見ぬ振りをする

政治のせい、宗教のせい

何かしらのせいにして

何もしない

それを母は望むのか?

無理はしてほしくないと望むかもしれないが

人を生んだ事のある母は

命の重さを知っているはずだ

改めて祈りたい

誰かを敵視して憎んだり責任を追及するより

チベット人や、中国人そしてまた

無関心な日本に

自分自身が改めてこの問題に向き合うために祈りたい

少しでも自分の時間、自分のものとなるように

聖火リレーを邪魔するのではなく

その聖なる火に平和のメッセージが託されるように

長野でロウソクを灯し祈りたいと思う

これが自分の出来る事

でもその事にすでに多くの人が賛同して協力してくれている

一つ一つは小さな祈りでも

できることは小さな事でも必ずそれは大きな光となってかえってくる

それぞれの祈りが繋がって

すべての人に平安が訪れますように

08.04.19 JUNE

2003

2004

2005

2006

2007

REPORT