Candle Odyssey 2009 in Kobe

reports2009_kobe_top.jpg

2009 神戸

気がつけば毎年の恒例行事となってきた神戸

今年はハミングバードで桑名晴子サンのライブが行われる

そこでまずロウソクを灯す

その後昆陽池公園の復興イベントに行ってみる

強風の中頑張ってロウソクを灯しているが少ない人数で大変そうだったので

しばらくみんなで手伝うことにした

ここでともす許可をとも思ったがなんだかちがうような気がしたので

ハルさんに教えてもらった石屋川公園に移る

ここは震災当時元気村という村があった場所で

平和の火も灯された事があるという

昆陽池を離れる時から降り始めていた雨が止んだので

ここで灯す事にする

新潟と同じくらい寒く強風の中となってしまったが

これもひとつの教えと思ってみんなで灯す

後から聞いたら実際平和の火を灯した場所と同じ場所だったところで

ロウソクを灯しボビンがそこで歌った

寒い風が吹く中でひたすらにギターを弾き歌うボビンが

ロウソクを灯す事以上の

自分達のご供養の形となったと思った

その後みんなで式典のある東遊園地まで行き

そこで朝を迎える

同じ震災だがなぜか新潟とは違う印象をうける

どちらかというと広島に来ているような気分だ

毎年少しずつ記念碑などが増えていく

なんだかとても寂しい気分だ

当たり前なのかもしれないけど

なんだかとても寂しい気分になる

これはなかなか難しい感情で当分自分ではどうしようもない

自分の無力さを感じる気がした

同じ震災でも場所によって人によって被害は様々でそれぞれにドラマがある

これはきっと震災のみならず

戦争やテロでも同じだろうし、大きな一つの出来事でも、受け方は本当にたくさんの受け方がある

地震によって多くの気付きをもらった自分にとっては

学ぶべき事が沢山あるが、同時にできる事をかえしていきたい

ただそのかえし方は慎重に行わなければ

人に対してもそうだし、場所に対しても慎重に行わなければいけないだろう

神戸でしか学べない事があると思った

なかなかこの毎年の悲しみは続くのかもしれないが

それでも

ここにこの時に

できる事ならば自分もいたいと思った

JUNE

reports2009_kobe_bottom.jpg

2003

2004

2005

2006

2007

REPORT