CANDLE JUNE

1994年キャンドルの制作を始める。
ギャラリー、サロンなどでエキジビションを開催し、様々なファッションショーやレセプションパーティ、
大型フェスティバルやライブステージの空間演出をおこない、キャンドルデコレーションというジャンルを確立する。

「灯す」場所へのこだわりを持つことから、
現在ではフィールドデザイン、ディレクターとして様々な空間演出を手掛ける。

2001年に広島で原爆の残り火とされる「平和の火」を灯してからは。
「Candle Odyssey」と称し、悲しみの地を巡る旅を始める。

アメリカを横断、N.Y.グラウンドゼロで火を灯し、その後はアフガニスタンへ
2005年からは終戦記念日に中国チチハルにて火を灯す。戦争やテロが起きた場所を灯す旅は震災の起きた場所。

2004年の新潟中越地震後、仮設住宅訪問を続けた結果、震源地長岡市(旧川口町)にて
復興イベント「SONG OF THE EARTHフェスティバル」を開催。

2011年3月11日東日本大震災を受けて「LOVE FOR NIPPON」を立ち上げ被災地への支援活動をスタート。
現在でも福島で毎月11日にキャンドルナイトを行い、「SONG OF THE EARTH FUKUSHIMA」も開催するようになる。
支援活動は熊本地震や北海道など、これまでの経験とつながりから広がりを見せている。